SOLIDWORKS 基本操作 1分動画 – vol.27 Simulation

SOLIDWORKS Simulation 2018では既存の解析機能の改良に加えて、新しい機能が拡張されています。

【設計の問題箇所が見つけやすい】
応力ホットスポットから重要な特異点を診断する機能が追加されています。応力の高さだけではなく勾配による高低差も考慮されていて、設計の問題箇所が見つけやすいです。

【アセンブリにインポート】
部品やサブアセンブリで行った解析の設定をアセンブリにインポートできます。個別に選び直す手間を省く使いやすい機能です。

【ピン結合を設定】
ピン結合を設定する機能が拡張されています。一度に10箇所までの面やエッジを選択できるので、前回の2箇所までの作業時間と比べて大幅な改善になります。

【スタディの設定画面】
スタディの設定画面が見やすいです。不要な表示を折りたたむことができます。

【eメール通知】
解析が完了したときにeメールで通知を受け取ることができます。解析時間がかかってしまう場合に便利な機能です。 シミュレーションプロセスのスピードアップに役立ちます。

【eメール通知】
解析が完了したときにeメールで通知を受け取ることができます。解析時間がかかってしまう場合に便利な機能です。 シミュレーションプロセスのスピードアップに役立ちます。

 

【Simulation関連記事】
製品開発コストを下げる10の方法
石油およびガス関連製品の構造&流体シミュレーション
Solar Ship:新たな輸送様式の開発
SOLIDWORKS Simulation を使ったシャークケージの設計
SOLIDWORKS Simulationの解析で怪獣に打ち勝つメカ戦士を作れるか!?
SOLIDWORKS Simulation 2018ハイライト:新Topology Study
SOLIDWORKS 基本操作 1分動画 – vol.14 SOLIDWORKS Simulation1
SOLIDWORKS Simulation 2018:設計者から解析専任者まで

【以前のソリッドワークス基本操作1分動画】
vol.25 – MBD
vol.26 – メッシュモデリング

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systems SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。