SOLIDWORKS 基本操作 1分動画 – vol.11 図面3

SOLIDWORKS 2017は、多くの図面機能を強化しています。作業負担を減らすための新機能や、表現をよりわかりやすくなるよう改良されています。

【断面表示の輪郭を強調】
ISO規格に準拠した断面部分を、他の構成部品より目立たせることができます。強調に使用するスタイルは簡単に変更でき、ドキュメント オプションから値を選択して、正しい太さとスタイルを指定できます。また、輪郭の表示自体の切り替えも可能になりました。

【境界】
表示の境界を、完全にオフにすることもできます。また、ギザギザの境界を選択し、度合いをドラッグして必要な結果を得ることができます。

【ミラー図面のビューを作成】
ミラー アセンブリを別に作成する代わりに、パラメータを使用してミラー図面のビューを作成できます。左右および上下対称の図面ビューを作成するオプションが追加され、ミラー用の構成部品を作り直す必要がなくなりました。

【複数のシート図面】
シート プロパティへの変更が必要なときに、図面の他のシートにこれらの変更を反映でき、貴重な作業時間と労力を削減できます。

【テンプレートテーブルの使用】
テンプレートのテーブルを使用するときには、テンプレートでロックされている列と行がそのままロックされ、意図しない変更を防止できます。

【注記のテーブル セルを直接参照】
テーブルセルを直接参照して、注記として配置できます。注記はテーブル情報とリンクされているので、テーブルの変更に伴う記述漏れがなくなります。

【注記が瞬時に更新】
テーブル セルが変更される場合、自動的または手動編集によって注記が瞬時に更新されます。

 

【図面関連記事】
ソリッドワークス 基本操作 1分動画 vol.2-図面1
ソリッドワークス 基本操作 1分動画 vol.3-図面2

【以前のソリッドワークス基本操作1分動画】
Vol.9 – SOLIDWORKS Visualize

Vol.10 – eDrawings

3D図面を描くためのテクニックをまとめた特集ページもご覧ください。

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systemes SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。