トーマス・エジソンがSOLIDWORKSを使っていたら?

トーマス・エジソンは自身の名前(個人または共同)で1,000件を超える特許を取得しています。正確に言えば、1,093件です。 有名なのは、電球、蓄音機、そして映画の初期のコンセプトです。 また、30歳代の始めに名声を得て、84歳まで活躍を続けました。 製造業の革新も押し進め、優秀なビジネスマンでもありました。

しかし私は常に、彼が現代に生きていたら、何に取り組んでいただろうと考えています。 テクノロジーとコンピューターがこれほど進化した中で、彼は何に取り組むでしょうか? 空飛ぶ車、テレポーテーション、はたまた私たちには想像もできないような何かを開発していたでしょうか? アイデアを設計や開発までもっていくスピードが速まるため、特許の数はずっと多くなっていたでしょう。 また、エンジニアをスタッフとして雇い、共同で設計に取り組むこともできたでしょう…もちろん、SOLIDWORKSを使って。

SOLIDWORKS Electrical 3Dを使って新しい電気システムを設計し、アレクサンダー・グラハム・ベルとコラボレーションしていたであろうと信じたいものです。 まさにこの疑問を呈するために、このビデオを作成しました – トーマス・エジソンがSOLIDWORKSを持っていたら?

皆さんはどう思われますか–エジソンなら、SOLIDWORKSで何を作っていたでしょうか?

【関連ブログ】
アレクサンダー・グラハム・ベルがSOLIDWORKSを使っていたら?
SOLIDWORKSライブ イベント – 電気エンジニア向けSOLIDWORKS
メカトロニクス製品設計の幕開け
SOLIDWORKS 基本操作 1分動画 – vol.22 Electrical