アイデアはいつもここにある! — 世界一やさしい3DEXPERIENCE活用講座

3DEXPERIENCE”を一番やさし~く解説しているあのセッションご覧いただきましたか…??ちょっと不思議な関西弁のあの二人が今年も登場します。11/10にご視聴いただいていない方に【3DX-1】セッションをほんの少しご紹介します。

取引先や社内と共有するには、今までこんなコミュニケーション手段で、送っていました??か?!
□メール
□Line
□社内サーバー
□eDrawings
□YouTube

本セッション…SOLIDWORKSデータをプラットフォームに保存する場面からスタートします。プラットフォームってデータを保存する場所ってコト??!
いえいえそれだけではありません。プラットフォームの中にはたくさんのアプリがあります。SOLIDWORKSとプラットフォームの融合の好例をご紹介してまいります。

#SOLIDWORKS
#3DXで保存
#xDesign
#リンク部品を探す
#SOLIDWORKSにドラッグ&ドロップ
#ペン1本でCADできる
#クラウドCAD
#リンク部品を設計
#曲面足の甲カバー部品をつくる

本セッションでご紹介しているxShapeとxDesignはともにクラウドCAD。プリミティブ形状を分割された交点におく。そんなxShapeでないとできないこともあります。Xキーを押すことで2つのアプリを行ったり来たりできる。ちょっとした小ワザもご紹介しています。

#3DXWJ20 オススメのセッション【3DX02-3DX05】をご紹介する動画はこちらからどうぞ

時間の取れるお昼休み等に各講演1本づつ視聴してみませんか?会期中は視聴画面の下部より、各セッション講演資料もダウンロードいただけます。各講演をご視聴いただくとそこには必ず業務改善のヒントが隠されているはずです。明日も本Blogでは、見どころを引き続きお知らせします。

本イベントへご参加いただき、アンケート回答の方へ全員プレゼントご案内いたします。ご登録完了画面のTOPから、フレンドシッププログラムで知人・同僚の方に本イベントをご紹介、知人の方をご登録・ご紹介いただくと、さらに特典のダブルチャンス!がございます。ご登録・視聴お申込お待ちいたしております。

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systemes SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。