コミュニティはSOLIDWORKSにとって「とても大切なもの」

今回は、日本のユーザー会から毎年参加されている「飯沼ゲージ製作所」土橋美博(Yoshihiro Dobashi)さんにレポートいただきました。
SWWに7回目もの参加となる土橋さまの”ユーザー視点レポート”です!

コミュニティはSOLIDWORKSにとって「とても大切なもの」

2019.3.22 土橋美博

みなさんは、SOLIDWORKS User Group Network(以下SWUGN)を知っていますか?
日本では、あまり馴染みのあるものではないかもしれません。
通称SWUGNと言われるユーザーコミュニティーで、アメリカのみならず世界中からSOLIDWORKSユーザーが参加しています。

日本では、SOLIDWORKS User Group(Club) of NAGANO(長野県のユーザーグループ)が日本唯一のグループとして2011年から参加しています。私はSWUGNと長野のユーザーグループのパイプ役として、ユーザーグループの一人のリーダーとして、これまで務めてきています。現在、アメリカ・カナダ・ヨーロッパ、ASIA Pacificとしてオーストラリア/ニュージーランドといった大きな“くくり”の地域の代表者とソリッドワークス社の8名によってSWUGNの組織が構成されています。
各地域には、都市や街単位で、またSOLIDWORKSの機能単位でのユーザーグループが存在し、そのグループリーダーにより運営されています。ぜひ、私はアジアの代表になりたい!!(と思っています)

SWUGNの活動の目的は、「SOLIDWORKSユーザー相互により学ぶこと」です。
グループリーダーはアイデアを出し運営を行います。
またグループがない地域に「グループを作りたい」という人が現れれば、その新しいグループを作る手伝いをします。私もSWUGNの一員として、ベトナム ホーチミン(旧名サイゴン)市のグループ立ち上げに協力させていただいた経験があります。
今年のSOLIDWORKS WORLD2019(以下SWW)でも、SOLIDWORKSコミュニティの重要性は、General Sessionで語られました。
それだけ、このコミュニティはSOLIDWORKSにとって「とても大切なもの」なのです。
SWWでは、SWUGNのミーティング「Annual SWUGN Summit」が行われます。
今年2019年、サミットは20回目を迎えました。

20th Annual SWUGN Summit

 

SWUGN Summit

このサミットですが、私は、2010年カリフォルニア州アナハイム(Anaheim)で開催されたSWWが初参加となり、2012年カリフォルニア州サンディエゴ(San Diego)、2015年アリゾナ州フェニックス(Phoenix)、2016年テキサス州ダラス(Dallas)、2017年・2018年カリフォルニア州ロサンゼルス(Los Angeles)、そして再びダラスの参加と、今回で7回目の参加となりました。
その中で、ここ数年、「やっと仲間に入れてもらえた」と実感しています。
ユーザーグループの友人もできました。1年で1回しか会うことはできませんが、同じSOLIDWORKSを使う仲間と会えること、SOLIDWORKSについて話ができることは、とても有意義です。
さて、このサミットでは、SWUGN活動実績と今後のアイデアが発表されます。
また、AWARD(表彰)が行われます。

  • SWUGN User Group Leader of the Year
  • MICHELLE PILLERS COMMUNITY CONTRIBUTION AWARD
  • Partner of The Year
  • Reseller of the Year

といったものです。
ユーザーグループリーダーの表彰だけではなく、ユーザーを支えるリセラーの表彰も、ユーザーによるノミネートと投票によって行われるのです。SWUGN User Group Leader of the Yearとなったリーダーが“涙ぐみ、言葉に詰まりながらも” 「SOLIDWORKSはPassionである」といった言葉は今でも心に残ります。
SOLIDWORKS Worldという名称が、3DEXPERIENCE WORLDに変わるという話は皆さんもお聞きのことでしょう。
SWUGNも今、大きな変化を迎えようとしています。
SWUGNを設立した一人であったRichard Doyle氏が永らくSOLIDWORKS社としてSWUGNを牽引してきましたが、退任され、新しくRachel Diane York氏(SOLIDWORKS社 Community and User Advocacy Manager)に交代となりました。
SOLIDWORKS World2017のWhat’s Newでお姫様(PRINCESS LAYOUT)を演じたかたです!!(記憶にあるかたも多いことでしょう)

出典 ダッソーシステムズ ソリッドワーク(SWW2017より)
Rachel Diane Yorkさんと一緒に

 

Ambassador って何するの?

この変化の中、こんな企画もありました。
SOLIDWORKS World 2019 Event Ambassadorです。
SWW開催前に、SWUGNのメンバー向けにAmbassadorの募集がありました。

Event Ambassadorの募集

 

正直何をするのかよくわからなかったのですが、何事も挑戦!!
応募してみました。その結果、選ばれることができました。
その後、オンラインでのブリーフィングと会場でのミーティングを経て、その役目を果たすことになりました。
「SWWに初めて参加する人を最前列に連れてくる」ということが、その役目です。
日本のカンファレンスと違って、最前列から会場は埋まります。しかも、皆さん、走って我先にと最前列を目指します。
「初めての参加者に最前列の席に座らせてあげる」なんて、素敵じゃないでしょうか。
私は、SWJUG(ソリッドワークス ジャパン ユーザー会)より参加した林さんに最前列のチェットを渡しました。
他の来場者が入る前に、特別な入口から会場に入ってもらいます。

「林さん、最前列どうだったかな?」
多分、他の日本からの参加者のかたがたとは、“違う景色”が見えたことでしょう。

こうして、チケットを手渡された人たちは、次回、初参加者を連れてくることになることでしょう。

アメリカを中心に、SWUGNにはたくさんのグループが存在しています。
オンラインを使うことで、大きなミーティングも開催しています。

とても大きなミーティング SLUGME

SWUGNは変化していく

 

今よりもさらにアクティブなユーザーグループを構成していくことを目指した次のステップに、SWUGNは変化していこうとしています。SWW2019は終わったばかりですが、既に来年の3DEXPERIENCE WORLDに向けて、SWUGNとそのリーダーに向けたプログラムが動き始めています。2020年テネシー州ナッシュビル(Nashville)で開催されることが決まった3DEXPERIENCE WORLDでは、どのように変化したSWUGNを見ることができるのかがとても楽しみです。
そして、もっともっと日本からも発信していきたいと思っています。

SWUGN集合写真

 

土橋さまは、UGN以外に、SOLIDWORKS Japan User Group(SWJUG/エスダブリュージャグ)甲信越地区/長野グループで地域リーダー、そして現在は代表リーダーとしても、ユーザー会の活動に運営・サポートいただいております。

SOLIDWORKS Japan User Group(以下ユーザー会)に興味をお持ちの方は以下のリンクから入会が可能です。

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systemes SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。