小中学生も立派な 3D設計者!

ソリッドワークス・ジャパンでは、8月に小中学生を対象とした 「SOLIDWORKS Apps for Kids オンライン・ワークショップ」 を開催しました。SOLIDWORKS Apps for Kids(対象年齢 : 4 ~ 14歳)は、楽しく3D デザインとエンジニアリングの概念を学ぶことが出来る無償のツールです。

 

 

 

今回のオンライン・ワークショップには、ヤマトロジスティクス株式会社 さまにご協力いただき、子どもたちが選んだお気に入りのデザインを 3Dプリンターで造形しました。オンラインという慣れない環境での、たった 1時間のワークショップでしたが、子どもたちは初めて使用した SOLIDWORKS Apps for Kidsを直感的に習得し、アイデアをすぐに3Dでカタチにする豊かな創造力と感性には関心させられました。

 

小学校 1年生の作品 : ドローン

 

このドローンは、お友達のドローンが風に飛ばされてしまったので 2つだった固定ピッチプロペラを 4つに改良したそうです。子どもなりに物事を観察し、設計改善をしていますね。

 

小学校 1年生の作品 : ショートケーキ

 

SOLIDWORKS Apps for Kids は、自分の 3Dデザインに背景を入れたり、色を付けたり、自分のデザインにオリジナリティを付け加えることができます。

 

もちろん、自分のデザイン(3D形状)を回転させて色々な方向からみることも出来ますが、キューブで印刷し、正面・平面・側面から確認することも出来るので楽しみながら立体感覚を身につけ、視覚で 3Dデザインを理解することが出来るようになります。

 

今回のワークショップでは使用しませんでしたが、SOLIDWORKS Apps for Kids の Mech-IT を使用すると、ピストンやモーターなどのメカニズムをパソコン上で組み立てることが出来ると同時に機構を視覚的に学ぶこともできます。Mech-IT はアメリカの高校の授業でも使用されています。

アメリカでは2006年頃から本格的に STEAM 教育(Science, Technology, Engineering, Art and Math, including Computer Science)が採用され出しましたが、日本でもここ数年で提唱されるようになりました。子どもたちにとって実際にモノづくりを体験することは最も重要ですが、楽しくモノづくりの成り立ちやモノの仕組みを理解し、パソコンやタブレット端末を使って考えたことをすぐに実践(3Dでカタチにする)することは、子どもたちのアイデアを広げる大切な過程のひとつです。創造性を引き出し、早い段階から色々なことに興味を持たせることは子どもたちにとって将来に対する意識付けにもなります。

 

SOLIDWORKS Apps for Kids はクラウド上で動作する為、インストールが不要でパソコンだけでなく、タブレット端末からもご使用いただけます。また、学校の授業や学童保育、クラブ活動、ご家庭やお子さんのコミュニティなどで自由にご利用いただけます。ホームページ上には、登録方法やたくさんの使い方に関する 動画 が掲載されていますので是非、参考にしてみてください。

 

SOLIDWORKS は、学生の将来に向けたモノづくり教育を応援しています。

SOLIDWORKS is there for your students when inspiration strikes

 

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systemes SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。