PDMでひとつに:SOLIDWORKS Electrical to PDM Connector

一般に、エンジニアのタイプによって作業方法は異なります。電気系エンジニアと機械系エンジニアの作業方法はまったく異なりますが、現代の複雑な設計プロジェクトでは、この2つの領域間でより緊密な連携が必要とされています。設計が頻繁に変更され、製品の開発期間を短縮する必要がある場合、異なるエンジニアリング チーム間で密接な協力関係を築くことが不可欠です。

当社のお客様が直面している最大の課題の1つが、両チームのデータの保存方法がまったく異なっているということです。電気系エンジニアはデータ ライブラリを管理しており、プロジェクトの作業内容を共有ドライブに保存します。機械系エンジニアは通常、SOLIDWORKS PDMワークフローを使用して部品ファイルを管理し、ファイルの作業者や使用者を追跡しています。どのグループにも、ローカルへの保存を好むメンバーがいるものです。これらのデータをすべてまとめて同時に管理するには、どうすればよいでしょうか?

 

そこで、この問題を踏まえ、電気系エンジニアと機械系エンジニアの連携を深めるための同期ライブラリ ソリューションをご紹介します。これで少なくともファイルの問題は解決します。

このビデオでその仕組みをお見せします。

これは、多くのユーザーが待ち望んでいた大きなアップデートです。詳細をいくつかご紹介します。

  • 電気ライブラリを簡単に同期
  • 企業に適したワークフローを選択 – 柔軟性
  • PDMによるライブラリのリビジョン管理
  • 設計プロセスで全員がより多くの情報にアクセスでき、BOMとライブラリを管理できるため、プロジェクトのステータスをより詳細に把握可能
  • 社内のより幅広い関係者がアクセス可能 – SOLIDWORKSのライセンスは不要
  • 1つのワークフロー内の全製品要素の管理が容易に – 製品の市場投入期間の大幅な短縮
  • PDM管理者やライブラリ マネージャーが製造部品ライブラリへのアクセスを管理するための追加オプション

これで、エンジニアリング チームが連携を深め、次世代のメカトロニクス製品を製造するという目標に一歩近づくことができます。

御社にとってのメリットに関してご質問がある場合は、代理店までお問い合わせください。