[第39回]え、マジっすか。そんなの知らなかったテクニック

不定期で、「そんなの知らなかった~」テクニックをご紹介していきます。今回は、「厚み付け」のテクニック

サーフェスをボデイにする方法の1つに、「厚み付け」があります。
この厚み付け、厚みの無いサーフェスに厚さをつけて、ボリューム(体積)を作成する方法なのですが、SOLIDWORKS2020では、「作成するオフセット方向」が追加され、さらに「厚み付け方向」によって、方向ベクトルに変化をつけることができるようになりました。

例えば、下図のようなボディのオフセット面を作成し、「厚み付け」コマンドを使用してみます。

 

 

デフォルトでは、厚み付け方向に、ハイライト(ピンク)された面、を指定することによって、厚み付けされる2つのサーフェスは、その垂直方向に、厚み付けされるのがわかります。

 

次に、厚み付け方向に、ハイライト(ピンク)された面、を指定すると、厚み付けされる2のサーフェスは、選択された面によって異なることがわかります。「参照平面」を指定してもOKです。

 

 

「厚み付け」をすることは、日常的にそう多くないかもしれませんが、貴重なツールです。多くの場合、選択したサーフェスの法線方向に厚さをつけることに使用する場合が多いですが、方向ベクトルを指定するオプションにより、さらに強力なモデリング機能になります。
是非、お試し下さい。

 

「SOLIDWORKSに興味がある!」「SOLIDWORKSを使ってみたい!」という方は
まずは↓こちらをお試しください

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systemes SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。