[第36回]え、マジっすか。そんなの知らなかったテクニック 

不定期で、「そんなの知らなかった~」テクニックをご紹介していきます。今回は、「スケッチ」のテクニック

スケッチ用の平面を簡単にササっと作成できればいいのに。。。と思ったことはありませんか?

下の図の「赤」で示したエッジ、またはパスなどに沿ってプロファイル(スケッチ)を作成する必要がある場合、ちょっと気になる方法があります。

 

「参照平面」コマンドを使用せず、平面の作成をSOLIDWORKSに一任する方法です。操作は、簡単、
①エッジをクリックする
②「スケッチ」を開始する
例えば、下の図のように、エッジを選択し、「スケッチ」タブを選択し、「円」コマンドを選択します。

 

すると、SOLIDWORKSは、エッジを選択した位置の近接した位置に、自動的に平面を作成し、スケッチの可能な状態にしてくれます。後は、平面上に(この例の場合)「円」を描画するだけ。

 

様々な場面で使用可能なので、是非、試してみて下さい。

 

3DEXPERIENCE WORKSを7日間トライアルしてみませんか

製品設計者にとって、設計の醍醐味とは何でしょう。クラウドベースのアプリなら、いつでもどこでも、インスピレーションをカタチにできます。
カタチは、共有して進化させなければ。新たなワークフロー アプローチの扉を開いてみましょう。

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systemes SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。