マスカスタマイゼーション

マスカスタマイゼーション(Mass Customization)を実現することは可能なのでしょうか?

マスカスタマイゼーション(Mass Customization)とは、「典型的な撞着語法(矛盾語法:oxymoron)」です。マスプロダクション(Mass Production)大量生産と、カスタマイゼーション(Customization)の合成語。そんなこと実現できるはずがない、とお考えでしょうか?個人の要望に応じた高付加価値製品を、大量生産品並みの価格で消費者に提供すること。やはり、不可能と考えるのが普通です。

しかし、第4産業革命と呼ばれるものは、まさにその方向に向かっており、一部の企業は既に大量のカスタマイズ化に対応し、多くの利益を得ているという現状があります。

どうやったらマスカスタマイゼーションが可能になるの?

製造業における企業は、過去には文字通り不可能だったことを行うためにいち早くデジタル技術を採用しています。高度なシミュレーション、仮想プロトタイピング、産業用モノのインターネット(IoT)などの技術は、製品開発プロセス全体を変革しています。
マスカスタマイゼーションが必要な主な理由の1つに、オンラインショッピングの高い人気が挙げられます。仮想世界には、一般の消費者に豊富な選択肢を与えます。一部の製品メーカーでは、パーソナライズしたバージョンの製品をお客様自身がオンラインで設定できることを可能にしています。

「産業機器」を開発・製造する企業に、こうしたマスカスタマイゼーションを考える必要があるのでしょうか?購買行動に関するデータを収集、分析する国際的な情報調査企業であるアバディーングループによると、「万能な」という製造業の考え方はもはや適用できないのでは、とも言われています。

すべてのお客様向けに製品をパーソナライズおよびカスタマイズすることは簡単なことではありません。産業機器の設計には、市場の予測できない変化に適応する柔軟性を組み込む必要があります。企業は、大量生産(マスプロダクション)とマスカスタマイゼーションの両方に対応する準備ができている必要があるでしょう。製品の生産ラインと直結し、コントロールするIoT(モノのインターネット)技術が必要です。そのためにも、拡張現実、3D、ビデオ、その他の視覚的に魅力的なツールなどの新しいテクノロジーは、製品開発の武器になります。

革新的な産業機器を設計するということは、マスカスタマイゼーションの成功に不可欠です。これは、近代化された顧客体験を提供するためのキーとも言えます。製品開発プロセスにおいてデジタルテクノロジーソリューションを活用することで、顧客満足度、ロイヤルティ、利益率が向上するというアバディーングループの報告もあります。

マスカスタマイゼーションについて、もう少し詳細を知りたい皆さんは、ここをクリックして必要な情報をゲットして下さい。

 

ホワイトペーパー:
『どうなる?これからの 『3Dプリントの未来』』ズバリ紐解くホワイトペーパー公開!

進化する3Dプリント技術の未来を解説しながら、それに伴い変化する、設計側の利用メリットや心得るべきポイントなどを2本のホワイトペーパーでご紹介

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systemes SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。