[第22回]え、マジっすか。そんなの知らなかったテクニック 

不定期で、「そんなの知らなかった~」テクニックをご紹介していきます。今回は、「部分的スケール」

部品のある部分だけ、スケールをかけたい、なんてことはありませんか? SOLIDWORKSなら可能です。

 

図のような部品の突き出し部分だけにスケールをかけて小さくする場合を考えてみましょう。

実際に、SOLIDWORKSを使用して操作してみたい方は、ここをクリックして部品をダウンドードして下さい。

まず、準備が2つ必要です。

最初のステップは、「部品分割」です。部品をスケッチを基準にして分割しておきます。メニュー>挿入>フィーチャー>部品分割 を選択します。

①カット基準を指定して、「部品のカット」ボタンをクリックします。部品は、1つのボディに分割されることがわかります。

分割して2つのボディを作成したいため、作成される1および2のボディのチェックボックスをチェックして下さい。

次の準備は、スケール基準となる座標系を作成します。座標系を作る方法はいくつかありますが、このモデルの場合は、参照ジオメトリとして、まず、円の中心に「点」を作成し、座標系を作成していますのでご注意下さい。

 

2つの準備ができたら、部分的にスケールをかけることができます。挿入>フィーチャー>スケール コマンドを選択します。

 

①スケールするボディを選択します(ここでは、上の突起したボディを選択します)
②「スケール基準」ボックスから、基準となる「座標系」を選択し、準備で作成した「座標系1」を選択します。
③スケール倍率を設定します。ここでは、均一倍率「0.5」を設定し、小さくします。必要に応じて「均一スケール」オプションを使用せず、各方向に別々のスケールを設定することも可能です。

 

OKボタンをクリックすると、下図のような、部分的にスケール倍率を設定した部品が作成できます。

 

 

「SOLIDWORKSに興味がある!」「SOLIDWORKSを使ってみたい!」という方は
まずは↓こちらをお試しください

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systemes SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。