3DEXPERIENCE Platform に触れてみよう

SOLIDWORKSのご提供するクラウドソリューション 3DEXPERIENCE Platformをご存知ですか?

何故、SOLIDWORKSが、お客様にプラットフォームをご提案するのしょう。お時間のあるお客様は、ここをクリックして、3DEXPERIENCE Platform とは、を覗いてみて下さい。

AI、IoT、5G、モビリティ、ロボティクスなど、益々拡大を見せる「デジタルエコノミー」が、人々のつながり方、暮らし方、働き方、を変えています。
デジタル技術の進展が、経営にどのようなインパクトを与えるのかについては、「危機感」と共に、新たなビジネス創出への「期待感」もあります。

また、製造業がこれらのより破壊的なテクノロジーを受け入れるにつれて、企業の焦点は、ビジネスアプリケーションから、それを支えるデータに移りつつあります。データを価値ある情報に変えることが成功への鍵です。競争力を維持するために、企業は情報管理に対し、統合的なアプローチを追求する必要があると私達は考えます。

実際に、デジタルテクノロジーが、自社にどう寄与するのかを理解することが難しいので、手を出せない企業も多いかもしれません。それを分かり易く表したのが、米GEです。「The power of 1%」1%の改善によって、どのような効果が得られるのかを試算することで、デジタルテクノジーの可能性を可視化しました。ゴールは、設備投資の削減、燃料の削減、システムの非効率性の削減など、業界によっても異なります。デジタルトランスフォーメーションの狙いは、新事業やサービスの創出、イノベーティブな製品創造といった一面もありますが、企業が長年取り組んできた「改善」のゴール(さらなる1%の改善)を求めて、テクノロジーをどう活用するかという側面も持っているということです。製造業における企業が、その2つのゴールを追求するためにも、SOLIDWORKSは、3DEXPERIENCE Platformをご提案します。

例えば、商品設計におけるデザインレビュー(DR)。一般的に「企画」「構想設計」「詳細設計」「試作・評価」の各段階で行われています。限られた時間で、品質・安全性・操作性・コスト・生産性・販売後のサービスまで含めて検討することは実質不可能、と感じている企業も少なくはありません。審査する項目が多すぎる、かつ、確実に審査するために回数を増やすにも、毎回各部門担当者や専門家を招集することも不可能に近い。。。ではないでしょうか。議論のポイントを分け、早い段階でかつ必要な参加者だけによるデザインレビュー(DR)の実施が有効です。「設計者」は、商品企画や構想設計、出図などの各フェーズで技術的なレビュー会を実施し、必要に応じて担当部署の責任者や専門家を招集、「設計」を中心にした具体的な課題を抽出する、という方法です。それを「設計タスク」と称し、設計に携わる関係者間で課題とタスクを共有、マイルストーンを設け、到達度を管理する。社内で規定されている一般的な「DR」をより具体的なフェーズ毎に階層化して管理することにより、上の階層の「DR」を効率的に行うことができます。

1%の改善を、3DEXPERIENCE Platformで試してみませんか?

3DEXPERIENCE Platformをちょっと学習してみるには、MySolidWorksもお勧めです。

 

 

ホワイトペーパー:
『どうなる?これからの 『3Dプリントの未来』』ズバリ紐解くホワイトペーパー公開!

進化する3Dプリント技術の未来を解説しながら、それに伴い変化する、設計側の利用メリットや心得るべきポイントなどを2本のホワイトペーパーでご紹介

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systemes SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。