SOLIDWORKS CAMで、部品の製造を加速

SOLIDWORKS CAM で、日々のCNCプログラミングニーズの約80%を処理できることをご存知 ですか?

SOLIDWORKSで部品を作成すると、CAMと完全に関連付けられたデータを直接保存することができます。何より、SOLIDWORKSを購入すれば、SOLIDWORKS CAMを使うことができるのです!

ここでは、SOLIDWORKS CAM 2019を使用した加工例をビデオでご紹介します。2019年11月にリリースされた SOLIDWORKS CAM2020では、ミクロジョイントを簡単に設定できる“タブカットオプション”、高精度の公差が必要な精密部品に対する計測機能「プローブ」が新たに追加されました。SOLIDWORKSの設計から製造までのソリューションお確かめ下さい。

部品に命を吹き込む
まず、CADモデルを使用してSOLIDWORKS内から開始します。つまり、SOLIDWORKSから離れることなくプロセスをプログラミングします。

CAMセットアップを開始するには、正しいミルマシンを選択します。次に、機械のサイズが設定され、最後に部品モデルの上部中央に加工座標系が確立されます。

セットアップが完了したら、自動フィーチャー認識機能を使用してSOLIDWORKS CAMフィーチャーを抽出します。自動フィーチャー認識機能により、モデルジオメトリを機械ストックと比較して、SOLIDWORKSモデルジオメトリにリンクされた加工フィーチャを自動的に作成します。加工フィーチャーは、インタラクティブでも作成可能です。つまり、必要に応じて、2.5軸またはマルチサーフェスフィーチャなどを自由に作成できるのです。

加工フィーチャーの作成を終了すると、あら加工、仕上げ加工などCAMフィーチャーに基づいて加工プランが生成されます。CAMフィーチャーにあら加工および仕上げ加工で設定された場合は、ツールパスが作成されます。これらの操作に使用されるデフォルトパラメータは、SOLIDWORKS CAM Technology Databaseとして保存されます。これはカスタマイズ可能なデータベースで、加工の目的に合わせて変更できます。

必要に応じて「操作のパラメータ」を設定すると、SOLIDWORKS CAMはワークピースの加工に必要なツールパスを生成します。その後、これらのツールパスをシミュレーションしてレビューし、ワークピースが正しく機械加工されるかどうかを確認します。また、ツールまたはホルダー間の衝突も検出できます。最終的な「加工ジオメトリ」をSOLIDWORKS CADのモデルジオメトリと比較して違いを確認し、正確な最終ジオメトリとして決定します。

加工現場に戻る前の最後のステップは、「ポストプロセス」です。SOLIDWORKS CAMは、ワーク加工に使用されるミルを実行するために必要なGコードプログラムを生成します。

SOLIDWORKS CAMですべてが完了したら、ミルマシンをセットアップする必要があります。最初のステップは、各ツールをストックの高さに調整することです。

すべてのツールが確定したら、ワークピースの上部中央に設定されたSOLIDWORKS CAMのセットアップ座標系に一致するようにマシンのゼロ位置を設定する必要があります。それが完了すると、G-Code Programが読み込まれ、チップを作成します。

最初の加工プランが加工されたら、2番目のセットアップのためのSOLIDWORKS CAM座標系と一致するように、ミルをゼロにリセットする必要があります。2番目のセットアップは最初のセットアップから機械加工された機能を参照するため、精度が高まるからです。これで、ワークの2番目の面を加工できます。

SOLIDWORKS CAMを使用して、SOLIDWORKS CADモデルを「設計」に留めず、完成品にすることができます。

 

「SOLIDWORKSに興味がある!」「SOLIDWORKSを使ってみたい!」という方は
まずは↓こちらをお試しください

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systems SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。