[第7回]え、マジっすか。そんなの知らなかったテクニック 

不定期で、「そんなの知らなかった~」テクニックをご紹介していきます。今回は、「パターン」

バスケットケース:
ここでは、類似してはいますが、若干異なる2つのモデルと、その作成方法をご紹介します。最初の方法は、フィーチャの数を最小限に抑えることで合理化し、良く使われる単純なコマンドを使用してジオメトリを作成しています。2番目の方法は、スイープとパターンを使用し、こちらもフィーチャー数を最小限に抑えて作成してみました。

ここでご紹介する「グリッドパターン(格子構造)」タイプのジオメトリを作成する必要がある場合、ここでご紹介する2つの方法は、いずれもお役に立つでしょう。「移動/コピー」コマンド、または、「スイープ」コマンド、「パターン」コマンドです。 最初の作成方法では、「移動/コピー」コマンドを使用してフィーチャを「パターン化」し、「組み合わせ」コマンドを2回使用して、重なり合うジオメトリだけを残す、という方法です。2番目の方法は、「分割ライン」、「スイープ」、および「直線パターン」コマンドを使用してバスケットジオメトリを作成する方法です。2番目の方法には、複数ボディが残り、いくつかのフィーチャーを追加することになり、コマンドが複雑に見えるかもしれませんが、現実的かもしれません。ここをクリックして、モデルをダウンロードできます。コメント(日本語)をご参照いただくことで、コマンドの実際の操作をご参照いただけます。
複雑さ:中程度
機能:いくつかの「直線パターン」と、「移動 /コピー」フィーチャーの例があります。「併進」オプションを使用する「移動」フィーチャーの使用例があります。「スイープ」コマンドのオプション、「円形の輪郭」オプションを使用した効率的なプロファイルオプションを使用した例もご紹介しています。

似て非なる2つの「格子構造」を作成する2つの方法。覚えておくと便利かもしれません。

 

「SOLIDWORKSに興味がある!」「SOLIDWORKSを使ってみたい!」という方は
まずは↓こちらをお試しください

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systems SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。