Up in th cloud: 天気予報とテクノロジー

「ねえ、シリ。今日の午後は雨が降る?」バーベキューに誘われていて、洗濯物を干す必要があるので、天気がどうなるのかを聞くのはかなり普通で頻繁に聞く質問でしょう。

私たちは、簡単に情報にアクセス可能なスマートデバイス時代にあって、携帯電話で、湿度に気付くなどということはそのほんの一例です。その中でも、天気予報はデジタル時代を受け入れ、ここ数年で大きな飛躍を遂げました。

あなたが行くところはどこででも、天気の情報を得られる
周回衛星における気象パターンの観測は、数十年にわたってデータ収集するという伝統的な方法でした。この気象学における「予報」は、この技術の進歩によって常に支えられてきました。大気層のすぐ下にあるセンサーからのLEO(地球低軌道衛星システム)データを追加することにより、情報範囲が大幅に拡大します。パターン認識だけでなく、気流、質量、放射、湿度、温度、圧力に関する具体的な情報が収集され、電波放送の準備が整います。

地元の天気は、ナウキャスティングスタイル(1時間先までの短時間予測)
少し先を行くのはClimaCellで、アメリカの新興企業で、ピンポイントで正確な予報をするための「最後の一言」を提供しようとしています。その技術は、セルラーネットワークからのデータを使用して、非常に正確で鋭く特定されたローカルサービスを実現しています。最新の気象情報を必要とするビジネス、旅行会社、農家の皆さんにとって、非常に正確な降水強度などの情報は、明らかになればなるほど対応の準備ができます。航空会社による離陸の安全性チェック、屋外スポーツイベントの実施決定まで、次のレベルの予測には真の価値が伴います。そして、保険会社はこの技術に投資しようとしています。なぜなら、正確な天気情報を悪天候が理由で発生した事故に対する、支払いと請求を解決するために、いまや保存された正確な気象情報は不可欠だからです。こうした考え方は、RiskpulseのSunriseプロジェクトなどのアイデアの背後にもあります。同社は天気予報技術とAIを組み合わせています。何故でしょう?サプライチェーンの旅に身をゆだねる物流企業を導く超現実的なアドバイザリーツールを作成して公開したいからです。潜在的に危険な天候や気候を見ながら出荷を支援するため、同社は毎日何千ものリスク評価をしています。

離陸するために
正確な気象情報を必要とするのは、地上の旅だけではありません。航空機は、空を安全に移動できるように、おそらく他のどの車両よりも気象データに大きく依存しています。また、信じられないほど、天気予報に助けられているのです。パナソニックのTAMDAR(対流圏機上気象データ情報)システムは、飛行機の胴体に取り付けられたセンサーから、圧力、風、水分レベル、温度、を測定しています。飛行経路が安全かどうかを判断するために使用される重要な飛行データを支援するために、それらのデータは、世界中の空港に常にフィードバックされています。それは、あなたが雨ガッパを持って行こうかどうか迷っているというようなものではなく、命を救う天気予報なのです。

結局のところ、デジタル時代の天気予報は、航空会社などの大手企業だけに限定されたものではありません。路上いる平均的な人でさえ、たくさんの恩恵を受けています。スマートフォンのおかげで、私たちはスクリーンを見るだけで、あらゆる種類の差し迫った天気の変化に対処する準備ができる状態にあります。GPRSが標準で、ほとんどのスマートフォンが独自の組み込みアプリを提供しているため、すでに天気予報は簡単に見ることができるはずです。マニアな人なら、RaderScopeやDark Skyなどの有償アプリで悪天候の注意を促してもらったり、1分きざみのにわか雨情報を手に売れることもできます。
テレビで、気象予報士が、地図に指し棒を押し付けながら天気予報を語る日々とはまったく違う世界が。。。もうそこにはあります。

ホワイトペーパー:
『どうなる?これからの 『3Dプリントの未来』』ズバリ紐解くホワイトペーパー公開!

進化する3Dプリント技術の未来を解説しながら、それに伴い変化する、設計側の利用メリットや心得るべきポイントなどを2本のホワイトペーパーでご紹介

 

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systems SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。