[第4回]え、マジっすか。そんなの知らなかったテクニック 

不定期で、「そんなの知らなかった~」テクニックをご紹介していきます。今回は、「色」。しかも「図面」

赤?黒?図面ビューでコンポーネントの色を変更できるって知ってました?

時々、図面ビューで特定のコンポーネントの色を変更する方法を尋ねられることがあります。たとえば、アセンブリ図面ビューのコンポーネントの1つを赤で表示し、他のすべてを黒として表示できないのか、といったご質問です。これは、「レイヤー」を使用すつことで簡単に実現できます。

1番目の方法は、「レイヤー」ツールバーを使用して、レイヤープロパティを開きます。

表示されるダイアログボックスで、「新規」ボタンをクリックして、新しいレイヤーを作成し、レイヤーの色を例えば「赤」に設定します。

終了したら[OK]をクリックします。色を変更したいコンポーネントを右クリックし、ポップアップメニューから[レイヤー変更]を選択します。

次に、ポップアップメニューから、「赤」を指定したレイヤーの名前を選択します。

 

2番目の方法として、色を変更したいコンポーネントをクリックし、「線属性の変更」ツールバーから、「レイヤー変更」をクリックし、希望する色のレイヤー名を選択することもできます。

 

3番目の方法は、もうご紹介しなくてもおわかりかもしれませんが、色を変更したいコンポーネントをクリックし、「レイヤー」ツールバーのドロップダウンリストから、希望する色のレイヤー名を選択して、変更することもできます。

 

1つのビューでだけ、色を変更したい場合はどうしたら良いでしょう。その場合は、色を変更したいコンポーネントをクリックし、ポップアップメニューから「構成部品の線のフォント」を選択します。

 

表示されるダイアログボックスで、「ドキュメントのデフォルト設定を使用」オプションのチェックを外し、設定対象では、「選択ビュー」を選択、レイヤー名ドロップボックスから、変更する色を設定したレイヤー名を選択し、OKボタンをクリックします。

これで、赤いパーツを持つ図面ビューが1つだけ完成しました。何かのお役に立てば幸いです。

 

「SOLIDWORKSに興味がある!」「SOLIDWORKSを使ってみたい!」という方は
まずは↓こちらをお試しください

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systems SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。