エンジニアは、SOLIDWORKS Motion大好き!

SOLIDWORKS大好きエンジニアが、ハート型ギアは他のハートを射止めるのか?をテストしたお話です。

ハート型ギアは、別のハート型ギアが、円形のギアと同様な働きができるのでしょうか?それができたら、きっとエンジニアリングにおいてもロマンチックな出来事になるでしょう。

ここに2つのハート型のギアがあります。1対1のギア比でも成立するのでしょうか?位置的には、2つのハートはかみ合うように想像できます。問題は、回り始めたら、かみ合うのか?ということでしょう。そこで役に立つのが、SOLIDWORKS Motionです。SOLIDWORKS Motionは、アドイン製品です。SOLIDWORKSを起動し、ツール>アドインで、SOLIDWORKS Motionが有効になっていることを確認します。これで研究を始める準備が整いました。まず、ハート型それぞれの部品の中心が、同じ位置になるように歯車を合わせて下さい。合致条件を設定する時、「位置付けのみに使用」オプションを使用すると、その後、「距離合致」を使用する場合にも便利です。実際、これらの歯車は、「位置合致」で6インチ離れるようにアセンブリします。位置合致が設定できたら、Assemblyタブに行き、“ 新規のモーションスタディ”をクリックしてください。それでは、プロパティを設定しましょう。モーションスタディエリアの歯車アイコン(プロパティ)をクリックして、以下のように設定します。


・モーション解析:秒毎のフレーム数:60フレーム/秒
正確な接触を使用オプション:チェック
3D接触精度:中低(0.0001)に保ちます

OKボタンをクリックします。

スタディタイプをアニメーションからモーション解析に変更することを忘れないでください。

次に、ギアが互いに干渉しないことを検知できるように、「接触セット」を設定する必要があります。[接触](カムとフォロワーのように見えるアイコン)をクリックし、2つのボディを選択します。モーションスタディの計算時間のデフォルトは5秒です。時間は任意に変更できますが、ここでは、1回転するのに5秒でちょうど良いので、このままにします。

モーターを設定します。

「モーター」アイコンをクリックし、構成部品/方向のボックスで、片方のギアの内側の円筒面を選択します(片方のギアにモーターで力を加えることで、設定した接触条件に基づき、もう片方のギアが運動します)。
5秒間の解析をするので、12 RPMの一定速度で、5秒で1回転するように設定します。

これで準備完了、パーフェクト!計算を開始するには、「計算」ボタンをクリックします。

結果を見るには、ここ をクリック! モデルをご提供できないのは残念な限りですが、ハートがかみ合うなんて、なんとロマンチックなことでしょう。しかも、ほとんどスキップしていません。あなたも、SOLIDWORKS Motionで、熱い「ハートギア」を作ってみませんか?

 

CAEツールを使う前と後_マンガと動画で学ぶ構造解析

CAEを学ぶとき、必ず知っておきたいポイントが応力。
本サイトでは、解析の基礎『構造解析』を、ツールを使う前と後で比較し、設計者自身がCAEツールを使う基礎を学んでいきます。

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systems SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。