eDrawings Professional 新しいVRモード、いつ見られるの?

CADモデルの中に入り込んで、歩き回りながら、3次元で表現された細部の詳細をすべて見ることができたらイイのになぁ、思ったことはありませんか。もう待てない!と思う皆さん必見です。

仮想現実(VR)用の新しい機能を備えたeDrawings (Desktop) Professional を試してみたいですよね。すでにご存知のとおり、eDrawingsはSOLIDWORKSコンテンツの無償ビューアです。

eDrawings (Desktop) Proを使って、あなたのネイティブSOLIDWORKSファイルを新しいバーチャルリアリティモードで見ることは、それほど簡単ではありませんでした。eDrawings (Desktop) Professional では、もう少しお待ちいただければ、SOLIDWORKSファイルを瞬時に表示するための[ファイル]メニューに[Open in VR]コマンドが利用できるようになります。モデルの中に飛び込んでしまったようなVR体験をカスタマイズし、モデルに合わせて自由な空間を選択することもできます。モデル周辺をテレポートし、オブジェクトを選択して配置し、部品をつかみ、詳細も調べることができるのです。ボタンに触れるだけで、SOLIDWORKSアセンブリ全体を分解させることもできます。VRモードは、MicrosoftWindows®10以降でサポートされます。このエキサイティングな新機能は、未だベータ機能として表面化されていません。何故?実は、私たちは、将来のリリースのためにこの直接的なVR体験をもっと良くするためにお客様のフィードバック、アイデアを集めたいのです。是非、ご協力をお願いします。サポートされているバーチャルリアリティハードウェアには、HTC ViveとHTC Vive Proがあります。他のVRヘッドセットも、今後のリリースでサポート予定です。HTCのVIVE Proは、プロ志向のユーザー様向けに最高の視覚的忠実性、明瞭なオーディオを搭載した拡張性の高いVRシステムです。

えっ、eDrawingsをまだ持っていない?心配はありません。ここから、無料でeDrawings Viewerをダウンロードすることができます。eDrawings Viewerを初めてインストール方は、30日間、新しいバーチャルリアリティモードを含むeDrawings Professionalを試すことができます。

さぁ、狭い作業空間を抜け出して、バーチャル空間の探検を始めましょう!

 

「SOLIDWORKSに興味がある!」「SOLIDWORKSを使ってみたい!」という方は
まずは↓こちらをお試しください

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systems SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。