インポートされたソリッド ボディ上のフィーチャーを認識- FeatureWorks

SOLIDWORKS は、 インポートするソリッド ボディ上のSOLIDWORKSフィーチャーを認識させることができます。認識されたフィーチャーは、もちろん、SOLIDWORKS を使って作成したフィーチャーと同じように取り扱うことができます。

SOLIDWORKSのFeatureWorks 機能は、以下のフィーチャーを認識します:

  • 押し出しフィーチャーまたは回転フィーチャー
  • 直線エッジまたは円形エッジの面取り
  • 直線エッジまたは円形エッジにある固定半径または可変半径フィレット
  • リブ(Ribs): スケッチに平行に押し出し、スケッチに垂直に押し出し、アンダーカット抜き勾配のリブ
  • 抜き勾配 フィーチャー(Draft features)
  • 穴(Holes): 自動フィーチャー認識とインタラクティブ フィーチャー認識の両方で、穴を認識できます。ここで言う「インタラクティブフィーチャー認識」とは、自動ではなく1つ1つ確認しながらフィーチャーを認識させたい場合に使うモードのオプションです。認識する穴のタイプは、次の通りです: 単一穴(simple)、ドリル(simple drilled)、テーパ穴(taper)、テーパ付ドリル(taper drilled)、座ぐり穴(countersunk)、C面ドリル(countersunk drilled)、座ぐり穴(counter bored)、座ぐりドリル(counter bored drilled)、深座ぐり穴(counter drilled)、段付ドリル(counter drilled drilled)
    穴ウィザードの穴も認識できます。
  • ロフト: インタラクティブにベース ロフトを認識します
  • シェル要素
  • スイープ(Sweeps): Interactively recognize boss and cut sweeps.
  • ボリューム フィーチャー(Volume Features)
  • フィーチャー パターン(Feature Patterns): 直線パターン、円形パターン、ミラーパターン
  • 板金フィーチャー(Sheet Metal Features): ベース フランジ、エッジ フランジ、スケッチベンド、ヘム フランジ、とめつぎフランジ
  • スケッチ パターン(Sketch Patterns): インタラクティブ認識を利用して、不規則に作成された類似フィーチャーからスケッチ パターンを作成できます。 部分的なフィーチャーの輪郭は認識されません。 パターンフィーチャーを基にしたパターン フィーチャーの作成はサポートされません。
  • マルチボディ部品(Multibody parts): マルチ ボディ部品を一度に一つ認識します

認識されたフィーチャーがスケッチをもとに作成されている場合は、SOLIDWORKS FeatureManager デザイン ツリーからスケッチを編集し、フィーチャーのジオメトリを変更することができます。 また、認識されるフィーチャーに対して自動で寸法を割り当てることが可能です。 基準線寸法、変更、累進寸法をサポートし、同心円、他の拘束を認識できます。機能詳細は、ここでご確認いただけます。

 

「SOLIDWORKSに興味がある!」「SOLIDWORKSを使ってみたい!」という方は
まずは↓こちらをお試しください

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systems SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。