SOLIDWORKS2019で最新テクノロジーを

近年、設計ハードウェアが大きく変化しています。このような新しいデバイスを最大限に活用し、生産性を高めるため、SOLIDWORKSはハードウェアとともに進化し、あらゆる段階でユーザーをサポートしています。

SOLIDWORKS2019は、最先端のハードウェア技術を導入することで他をリードする生産性向上ツールを提供しています。例えば、Windowsタッチ対応デバイスを使って作業できる場合は、MicroSoftサーフェスダイヤルを使用できます。ダイヤルを直接画面に配置し、モデルのパン、ズーム回転を行うだけでなく、ダイヤルを長押しすれば、デジタルテーブル上にグラフィカルなツールアイコン群が表示され様々な画面操作を行うことが可能です。タッチモードで、「ジュスチャースケッチ」機能を利用すれば、タッチパネル上で手描きで描いた線が、自動的にスプラインに変換されるため、結果的にコマンドで描いた線と同様、パラメトリック操作が可能です。直線のように、円や円弧のように描いた手描きの線を自動的に「直線」「円」「円弧」としてパラメトリックラインとして認識するのが「ジェスチャースケッチ」機能です。この機能によって、手描きのスロット形状も「スロッチスケッチ」エンティティとして自動認識されます。また、SOLDIWORKS2019では、画面に直接寸法値を書き込むことで瞬時に「寸法」を作成するという設計意図を反映するユニークなアプローチが導入されました。さらに、タッチパネルを使って「スマート合致」機能を使用することもできます。マウスではなく、「手」を使った直観的な操作による設計プロセスは、もっとあなたを設計の世界に引き込んでいくに違いありません。

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systems SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。