SOLIDWORKS 2019で大規模アセンブリをシンプルに

SOLIDWORKS 2019では、パフォーマンス向上を目的に強化された機能を組み合わることで日常業務を効率化できます。アセンブリを開くことができる4つの異なる「モード」があることはもうご存知ですね。解決済み、ライトウェイト、大規模アセンブリモード、および大規模デザインレビュー。これらのオプションを使って、それぞれが異なる状態でファイルを開くことが可能です。

大規模デザイン レビューは、大量のアセンブリを簡単に開いてモデルの確認やデザインレビューをすばやく行えるようにする、SOLIDWORKSで長年提供されてきた機能の1つです。 大規模デザイン レビューでは、ユーザーがFeatureManagerにアクセスでき、ビュー操作が非常に高速になったため、アセンブリの視覚化や移動をすばやく行うことができます。 距離の測定、断面化、構成部品の表示/非表示、ウォークスルーの実行なども、大規模アセンブリの確認のために重要なツールです。また、アセンブリ編集機能が加わりました。 平面や軸などの参照ジオメトリのほか、構成部品の配置方法を変更できる合致にもアクセスできます。 スケッチは表示か非表示に設定できるほか、合致を追加するときや視覚的な補助が必要なときに参照することも可能。新規構成部品は、完全に解除済みのアセンブリで行う場合と同じように設計に追加でき、それらの新規アイテムを適切な位置に配置して合致させることができます。 クイック合致ツールバーを使用できるなど、合致の手順はライトウェイトや解除済みモードで行う場合と同じです。マグネット合致を使用するよう準備された構成部品もアセンブリして所定の位置にスナップできるため、大規模な施設レイアウトの作成時間を大幅に節減できます。
コンフィギュレーションの変更もよく利用されるワークフローの1つですが、この機能も大規模デザイン レビュー モードで利用できるようになりました。エンジニアの生産性を高める SOLIDWORKS2019 大規模デザインレビューモードを是非お試し下さい。

 

https://www.solidworks.com/ja/media/simplify-large-assemblies-solidworks-2019

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systems SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。