万歳!ハロウィーンテクノロジー?!

真夜中がやってくる。。。

真夜中はやってきます。つい最近まで、不気味なコスチュームを着た子供達が、ろうそくに照らされたジャックオランタン(カボチャ型のランタン)で飾られた通りを行進する準備をしていたのですが、10月も終わってしまいました。今や、ハロウィーンは、クリスマスや大晦日、新年のお祭りと同じくらい重要な祝祭となっているようです。                                  みんなにハッピーなハロウィーンでありますように!

何百年も続いている毎年恒例の祝祭にとって、まさに「デジタル」が「テクノロジー」に追いつくときがきた、と思わせるものがあります。ハロウィーンは、ハイテクの申し子なのかもしれません。

Alexaは、怖すぎてバカバカしい
誰かさんの大好きなバーチャルフレンド Alexa は、ハロウィーンの時期になるとハロウィーンモードになり、意図的にジョークを飛ばしてきます。恐ろしい夜が始まるまでに、不気味な物語を話してもらったり、アイスブレイク用のゲームを教えてもらうのはどうでしょう。彼女は、お化け屋敷の音、凍り付くような悲鳴と共に恐ろしい夜を演出してくれるはずです。AtmosFXは、映像の演出を手助けしてくれます。デジタル装飾を生業とする企業は、ハロウィーンを盛り上げるアニメーション映像を提供してくれます。プロジェクターと紙で作られた小物で、説得力のあるホログラムは、踊るお化け、色彩豊かな画像やカボチャが歌う姿を映し出します。

うめき声とドローン
近年のハロウィーンは、「恐怖」の部分がもっと独創的になってきました。これはドローンテクノロジーの発達のお陰とも言えます。TopRace社のお化けが、ドアをノックしたら強烈に恐ろしいと思います。血まみれの幽霊は、その軽快なクワッドコプター(回転翼を4基搭載した機種)技術のおかげで、まるで「本物のお化け」のように浮かぶことができます。さらに、10月の風の強い時期でコントロールを失っても大丈夫なように、ワンキーリターン(自動的に離陸したポイントに戻ってくる機能)の恩恵もあります。

闇をプリント
3Dプリントはまさに次のレベルに移行しています。建物から人間の体の部分に至るまで、以前は不可能と思われていたものの境界を打ち破る技術です。本当に私たちがやりたいことは、自分の頭を3Dプリントして石像みたいにすることだけなので、本物にどれだけ近いかなんて誰が気にします?子どもたちにショックを与える方法として、胴体の無い頭だけがを作ることが、とても気味悪いデコレーションの目玉になること請け合いです。首の周りには、余分な血のりを追加し、クモを周りにはべらせれば完璧でしょう。いや、もう少し優しいアプローチとして、自分の顔をしたランタンを3Dプリントするのも楽しいかもしれません。テクノロジーを介して複雑なデザインを作ることで、皆の顔が明るくなるかもしれません。3Dプリンタで楽しいアクセサリーを作ることも簡単ですから。

恐怖の糸
一番頭を悩ますのがコスチュームかもしれません。あなたがエンジニアリングセンスあふれる人なら、とてつもないモノを造ってしまうかもしれません。多才なコスプレイヤーは、モーションセンサーテクノロジー、モーター、LEDライト、そして並外れた量の専用デバイスを駆使して、唯一のコスチュームを具現化している例もあります。コスチュームセンスに自信がない人は、アプリ対応の「モーフスーツホラーコスチューム」を使うこともできます。ダウンロードしたデジタル効果をスマートフォンに保存して派手なゴム製のマスクに埋め込むとか、キャンディーを求めてやってくる子供をきっと驚かせることができます。

みんなにハッピーなハロウィーンでありますように!

 

ホワイトペーパー:
『どうなる?これからの 『3Dプリントの未来』』ズバリ紐解くホワイトペーパー公開!

進化する3Dプリント技術の未来を解説しながら、それに伴い変化する、設計側の利用メリットや心得るべきポイントなどを2本のホワイトペーパーでご紹介

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systems SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。