プラットフォームってなに? -その1

SOLIDWORKSオフィス(Waltham,MA)にいる食いしん坊は、全員、この夏の一大イベントを楽しみにしていました。

それは、ボストンのフェンウェイ地区に開店した、Time Out Market(タイムアウトマーケット)です。

皆さんは、Time Outという情報誌をご存知でしょうか。1968年にロンドンで誕生し、現在は世界39カ国でその地域の情報を発信する情報誌を製作し、メディアサイトを展開しています。そんな「Time Out(タイムアウト)」が、フードホールである「Time Out Market(タイムアウトマーケット)」を世界各国に展開させ、話題になっています。

「フードホール」とは、「早い」「安い」のファーストフードチェーンのハンバーガー、ピザやチャイニーズフードなどの店舗が並ぶ「フードコート」とは異なり、地元で人気のあるレストランの洗練された料理を、スタイリッシュな雰囲気の広々とした空間で提供するところです。フードコートの良い点と、レストランの魅力、のイイとこどりをした感じで、2014年にポルトガルのリスボンに開店した1号店には、既に年間3,000万人を超える人が足を運んでいるそう。料理を食べるだけの目的なら、いずれ、興味の度合いも徐々に薄れるのだと思いますが、そこが「Time Out」という情報誌を手掛けた企業が展開しているフードホールの違い。いたるところに「Time Out」が置かれていて、地元の旬の情報をゲットすることができます。さらに、地元ミュージシャンによるライブミュージックや地元アートも随所に展示されていて、この場所全体が、街の経験を生き生きと息づかせているコレクションのよう。季節ごとに変化させているところも、何度も訪れたくなる理由のようです。雑誌業界の企業が、飲食業に転業?雑誌業界は、インターネットの普及により苦戦を強いられていて、広告収入だけではもうどうにもならないんだろうなぁ、というのは想像に難くないですね。競合も多い飲食業への事業展開に挑戦したのは、それなりの「勝機」があったのだと考えます。地元の人気レストランを常にリサーチ・取材しているメディア部門、コンテンツを企画できるマーケテング部門、売り上げを管理ですファイナンス部門、それぞれの部門の強みを出し、もっと連携することで、「Time Out Market」は、後発の単なる「高級なフードコート」ではなく、飲食業界の「イノベーター」になっているのかもしれませんね。

 

「SOLIDWORKSに興味がある!」「SOLIDWORKSを使ってみたい!」という方は
まずは↓こちらをお試しください

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systems SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。