Techno Frontier Virtual 展示会2020-ものづくりの情報収集変化の潮流

Blog裏方担当者のソリッドワークス・ジャパンの山下と申します。
ながいこと裏方稼業をやってますが。。今回は名前を出してちょろりと書いてみたいと思います。

今年ソリッドワークス・ジャパンはTechno Frontierに出展いたします。
とはいえ…この9月はこれまで同様のリアルの展示会あり、バーチャルなオンライン展示会あり、
双方に出展する状況です。なるほど、便利な時代になったもの。

という訳で今回はまず、テクノフロンティアバーチャル展示会をご紹介します。

開催概要

  • 日時:9/8-9/18の10日間
  • 会場:オンライン(Webからのアクセスのみ)
  • 出展ブース:特集ゾーン4 DX
  • 来場対象者:開発、設計、製造、研究等に携わる技術者ほか
  • 主催:日本能率協会

参加登録・こちらから可能です。

さてどんな風に登録するのかな?こんな画面に誘導されます。

ココで個人情報を入力します。私もマーケティングのはしくれの人間として、
どうしてもここでUIを確認してしまいます。郵便番号いれると…おぉ住所が自動で入る!素晴らしい!
ふむ。電話番号は半角OKね?お次は……以下ブツブツ…

一度メッセージがでましたが問題なく…「登録完了」できました。
各社ブースを見学に…と思いましたがまもなく講演が開始するようです。
早速講演を「予約」してみました。

数年前に実際のテクノフロンティアにも出展・参加したこともあるのですが、
今回はなんとなくふわーっと目新しさの感覚があるのです。これが初イベントの醍醐味なのか…

展示会場は7つのゾーンにわかれています。
弊社はDXゾーンに出展しています。DXって?
それはもちろんデジタルトランスフォーメーションです。
(英: Digital transformation; DX)ちょっと略し過ぎ?ですかね?
みなさん、わかりますね…DXで。

7つのゾーニングがあり、全112社出展社の情報に会期中の10日間いつでもアクセスできます。

いくつかの企業の展示ブースつまりWebサイトを訪問したところで(みなさまご自身で視聴ください)
さて…そろそろ予約した講演の時間です。聴きに行かなくちゃ。

最後にこのオンライン展示会、各社の資料をダウンロードし放題!です。
そして、そのダウンロード特典として(笑)

10社ダウンロードした方、20社ダウンロードした方に、
抽選でAmazonギフトカードが当たるのだとか。
全員ではありません。抽選ですのでくれぐれもご注意ください。
そうか、こういう形式が成り立つのですねぇ。時代は変わっていきますね。

弊社も、ダッソー・システムズもダウンロードキャンペーンに参加しております。
ぜひ資料ダウンロードしてくださいね。

オンラインイベントといえばITMediaさんのVirtualEXPO等が著名ですが、
この秋以降はきっと毎週のように、こうしたオンラインイベントが開催される
ことになりそうですね。今年は実際の展示会だけではなく、オンライン展示会を
初体験してみる絶好の年、ではないでしょうか。

TechnoFrontierVirtualーーこちらから参加登録できます。

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systemes SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。