選択フィルタ(SELECTIONFILTER)

特定のエンティティだけを操作したい場合、フィルタにかけて希望するエンティティだけを操作できます。

類似するエンティティのより複雑な組み合わせを強調表示したり、特定のレイヤーまたは線の色のエンティティを同時に選択する場合など、フィルターで「ふるい」にかけて選択したエンティティだけを操作したいことはありませんか。
そんな時は、SELECTIONFILTER(選択フォルタ)が便利です。

コマンドラインで、「SEL」ぐらいまでタイプすると、「SELECTIONFILTER」コマンドが検索されて表示されるので、選択して下さい。

 

「選択フィルタ」ウィンドウが表示されます。右上隅の「エンティティ追加」アイコンを押すと、「選択フィルタ」ウィンドウが一時的に非表示になるので、描画ウィンドウから希望するエンティティをクリックします。

 

エンティティが選択されると、「選択フィルタ」ウィンドウが再び表示され、選択したエンティティのすべてのプロパティが一覧表示されます。
ここでは、「円」を選択しているため、選択した「円」のプロパティが表示されます。複数のエンティティを選択したい場合は、「エンティティ追加」アイコンを再びクリックして追加して下さい。「選択」に、「AND]の条件が追加されていきます。
「オペレータ」オプションでは、条件の「AND」「OR」「NOT」を追加できます。「OR」を追加したい場合は、「OR」を選択し、右側にある緑色の「+」ボタンをクリックしてから、「追加エンティティ」をクリックし、エンティティを選択して下さい。
不要なフィルタ項目は、プロパティをクリック(ハイライト表示)し、「削除」アイコンをクリックします。

 

選択項目を「保存」することも可能です。
「選択フィルタ」条件が整ったら、「OK」ボタンをクリックし、「選択フィルタ」ウィンドウを閉じます。
描画ウィンドウで、選択フィルタを適用する領域を選択します。選択フォルタ条件に合致したエンティティが検出されます。

 

お試し下さい!

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systemes SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。