PDFに出力

完成した図面の配布に便利な、PDF形式もサポートされていることはご存知ですね?

draftsight.com/jaにアクセスして、DraftSight の機能を知り、2D製図および3D設計体験でもっと自由に作業できる方法を学ぶことができます。

図面テンプレートの作成方法がわかったら、正しい印刷設定を事前にインストールして、(DraftSightに慣れているかどうかに関係なく)簡単に図面を拡大縮小して印刷できるようにしたいと考える人は多いでしょう。

幸運なことに、DraftSightの印刷設定を試してみると、それを正確に実行できることがわかります。PDFに印刷するだけで良いのです。PDFにすることで、下書きでは正しい図面縮尺と印刷設定をそのままにしてPDFファイルとして保存されるため、図面を任意のコピー屋さんに持ち込み、好みの大きさで印刷出力することができます。PDFファイルは印刷テンプレートとして機能し、事前にサードパーティの印刷ニーズを満たすことができます。

DraftSightを起動して、左上にある[印刷]アイコンを選択するか、DraftSightロゴアイコンをクリックすると表示されるコマンドリストから、[印刷]オプションを選択するだけです。コマンドが選択されると、印刷ダイアログボックスが開き、PDFファイルで出力を指定、用紙サイズ、スケール、範囲を指定できます。

入力した情報を確認し、[OK]を押して、PDFファイルに名前を付け、[保存]をクリックして、できあがりです–下書きはPDFファイルとして印刷する準備ができています!

PDFファイル保存の方法は、以下のビデオをチェックしてください!

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systemes SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。