ステータスバー Part2

DraftSightの「ステータスバー」を使っている人はいらっしゃいますか?

DraftSight.com/ja にアクセスして、2D製図と3D設計体験でより多くのことを行う自由を体験しましょう。

ここでは、Part1に引き続き、ステータスバーのトピックを説明し、役立つ描画アイコンをご紹介します。Part1でご紹介したように、ステータスバーはDraftSightアプリケーション画面の最も下の位置にあり、設計中にカーソルを制御およびガイドする機能を有しています。

Part1では、スナップグリッド、スナップ、直交、および円形状の機能について説明しました。グリッドとスナップアイコンは、現在の座標系にカーソルを表示することで、互いに補完しあう機能です。同様に、円形状は特定の角度を描くためにガイドラインをアクティブにし、直交は水平または垂直にのみ描画できるようにする機能です。

ここでは、描画中の位置合わせを簡単にするためにアドバイスラインとインジケーターをアクティブにし、スナップと円形状の機能によく似た2つのアイコンを説明します。

Eスナップ(Entity Snapの略)は、その名前が示すとおりの機能です。設計時にカーソルをエンティティの特定のポイントにスナップします。

Eスナップをオンにして描画している間、中点、端点、交差点、中心点をポイントすると、それらが強調して表示されます。これにより、描画中のエンティティの調整と接続が簡単になり、製図セッションを迅速かつ生産的にすることができます。

次に、Eトラックアイコンです。Eスナップと同時に、Eトラックアイコンも使用すると便利です。エンティティのエンドポイントまたはミッドポイントにカーソルを合わせると、それらのポイントから直線のガイドラインが伸びます。これは、新しいエンティティを図面内の他のオブジェクトに揃えるときに特に便利です。

では、EスナップとEトラックの動作を確認するビデオをご覧ください!

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systemes SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。