線の色とスタイルを変える

DraftSightで線分を描画するとき、線の色とスタイルについて「プロパティ」を使用することができます。

線の色およびスタイルは、プロパティでは「ByLayer」だけを変更していると思っていらっしゃいませんか?しかし、この変更は、存在するレイヤーに関係なく、描画する線の外観をすばやく変更できる便利なツールであることを覚えておかれると良いでしょう。

リボンから、「色(LINECOLOR)」アイコンを選択すると、「色ウィンドウ」が表示されます。この色ウィンドウには、「標準色」オプションと「カスタム色」オプションの2つのタブがあります。[標準]タブで、予め設定済みの「色アイコン」を選択し、線の色をオプションにより「画層に合わせる」または「ブロックに合わせる」こともできます。[カスタム]タブでは、グラデーションスケールから色を選択して、自由な方法で色を構成きます。色を決定したら、[OK]を押すと、次に描画する表示ウィンドウで、アクティブな色に設定されます。色アイコンの下には、「線種(LINESTYLE)」コマンドがあります。色と同様に、線種を選択すると、オプションウィンドウがポップアップ表示され、アクティブな線種を変更することができます。

DraftSightのデフォルトの線種は、実線に設定されています。[ロード]アイコンを押すと、破線、ジグザグ、点線など、使用可能な線スタイルのリストが表示されます。Fencsline(フェンスライン)やGAS_Line(ガスライン)など、設計上の重要なコンポーネントを参照する、より実用的なラインオプションもあります。

「ロード」アイコンをクリックし、表示された線種メニューから、例として「STAR4」を選択してみて下さい。「OK」ボタンをクリックすると、線種ウィンドウには、新たに「STAR4」が線種として選択された線として表示されていることがわかります。線種「STAR4」をマウスで左クリックし、ハイライト表示します。次に、ウィンドウの右に表示されている「アクティブ化」アイコンをクリックすることで、新しいスタイル(STAR4)をオンにし、[OK]をクリックしてください。こうすることで、線種「STAR4」が、描画される線に対して、アクティブになります。

 

ここまでの操作は、以下のビデオでチェックできます。

線の色およびスタイルは、この方法で簡単変更できますね!

 

無償版DraftSightの 30日トライアルはこちらからお試しください。

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systemes SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。