Plastic Components, Inc、は、バックエンドコストを削減しながら射出成形の速度と精度を向上させている

世界中の点在するお客様に毎月2,000万個以上の部品を出荷しているPlastic Components、Inc.は、中小規模のプラスチック射出成形部品製造における世界クラスのメーカーです。

Plastic Components, Inc.は、各プラスチック射出成形製造に関連する金型の修正反復回数を最小限に抑えながら、内部コストを削減し、お客様の製品が市場に投入されるまでの時間的条件を満たすという課題に直面していました。また、金属からプラスチックへという移行期における限界に挑戦し続けています。

SOLIDWORKSでの標準化
2006年にSOLIDWORKS 3D設計ソフトウェアを導入し、標準化しました。同時に、SOLIDWORKS Plastics Premiumソフトウェアで金型充填シミュレーションを強化することで、金型修正の繰り返し数を減らし、お客様により迅速に部品を提供し、不要なコストを排除することに成功しました。同社は、時間、お金、不要な金型の繰り返し回数を節約することができました。「金型充填シミュレーションを次のレベルに上げて、お客様の市場投入時間の短縮目標を達成し、バックエンドコストを削減できるようにしたかったのです」と、ビジネス開発マネージャーのRick Riestererは指摘します。

金型の修正繰り返しを減らす
SOLIDWORKS Plastics Premiumにより、金型の修正繰り返しは最小限に抑えることができました。Riestererはこれを「ラウンドトリップ」と呼びます。何故なら、エンジニアがシミュレーション中に射出成形の問題を特定できるためです。「ラウンドトリップとは、サンプリングから金型の承認まで、お客様のコンポーネントを認定するプロセスです」とRiesterer氏は言います。「私たちはお客様と協力して、金型を開発する前に、各設計コンセプトの製造性、機能性、アセンブリ、および持続可能性を検証するお手伝いをします」とRiesterer氏は続けます。「SOLIDWORKS Plastics Premiumソフトウェアを導入する前は、最初の金型試行中に、非常に複雑な問題を発見したとしても、2回、3回、またはそれ以上の修正繰り返しが必要なこともありました。」金型の修正繰り返しを最小限に抑えるということは、各繰り返しに関連する時間とコストに直結するため、同社にとって大変重要でした。「1回の「ラウンドトリップ」には約2〜3週間かかり、数千ドルの費用がかかります」とRiesterer氏は言います。「その後の修正繰り返しのために追加料金を投入できるほど裕福ではないので、できる限りコストを削減することがビジネスにとっては不可欠です。」

早期問題検出により精度は向上
統合されたSOLIDWORKS Plastics Premiumソフトウェアによる結果精度が高いため、Plastic Components Inc. は、金型およびツールを作成する前に、不良なゲート、不適切な位置に発生するウェルドライン、エアトラップ、または正しく充填されない領域など、週間はかかる可能性のある金型試験、などなど様々な射出成形の問題を特定できます。不要な金型の修正繰り返しをなくすことで、企業の処理能力は解放され、新しいビジネスとR&Dイニシアチブが生まれます。それは双方にとって大変好都合です。「SOLIDWORKS Plastics Premiumソフトウェアは、充填後解析、サイクル最適化、冷却解析、反り予測などの高度な機能も提供しています。これらの機能により、複雑な金型シナリオをシミュレーションし、市場投入までの時間を短縮し、表面化しないコストの削減もできます」とRiesterer氏は言います。「新しいお客様から、プレッシャーを受けながらミッションクリティカルなプラスチック製品の製造プロセスを考案して欲しいと依頼されました」とRiestererは言います。「私たちは、彼らが持っていたゲートシステムを使って、SOLIDWORKS Plastics Premiumでシミュレーションを実行し、彼らが抱えていた問題を特定し、新しいゲートシステムを作れば問題がどのように解決するかを示すことができました。それが私たちにビジネスをもたらしたのです。」

 

CAEツールを使う前と後_マンガと動画で学ぶ構造解析

CAEを学ぶとき、必ず知っておきたいポイントが応力。
本サイトでは、解析の基礎『構造解析』を、ツールを使う前と後で比較し、設計者自身がCAEツールを使う基礎を学んでいきます。

SOLIDWORKS Japan

SOLIDWORKS Japan

Dassault Systems SOLIDWORKS Corp.は、データの作成、シミュレーション、管理、テクニカル コミュニケーション、電気設計、ビジュアリゼーション、コラボレーションを行い、エンジニアリング リソースの革新と生産性を達成するための完成されたソリューションを提供しています。