SOLIDWORKS Visualize Boostのメリット

SOLIDWORKS Visualize Boostとは何でしょうか?何をしてくれるものなのか、毎日使用すべき理由とは何でしょう?ここで、その答えを見つけてしまいましょう。

製品設計とエンジニアリングに携わる現場で日常的によく見られる状況を取り上げましょう。たとえば、プロジェクトに取り組んでいると、上司やマーケティング部門の誰かがやってきて、「完成したプロジェクトのレンダリング画像をできるだけ早く欲しいんだけど」と言われることがあります。しかし、週始めに割り当てられたばかりの別のプロジェクトが始まっていて、仕事の大半は別プロジェクトに移っています。または、設計マネージャーが、重要なクライアントに見せるため、レンダリングした複雑なアニメーションをその日の終わりまでに作らなければならないのですが、あなたのラップトップが最新マシンではないので、アニメーションのレンダリングに何日もかかってしまいます。さて、どうしましょう?

そのような状況は、SOLIDWORKS Visualize Boostがサポートします。Visualize Boostは、SOLIDWORKSのネットワーク レンダリング テクノロジです。レンダリング ジョブを専用マシンに送信することで、レンダリングのスピードとコンテンツの生産性を瞬時に高めます。Visualize Boostは、プリンタの印刷キューとよく似ており、Visualize Professionalユーザーは、レンダリング ジョブを他のマシンに送信してメイン マシンの領域を解放し、VisualizeやCADなどの負荷の大きいアプリケーションを使い続けることができます。

 

Visualize Boostは、Visualize Professionalだけに付属するアドイン製品で、個別のインストールが必要です。別のコンピュータにインストールし、シングルノードとして設定されます。またはクラスタとして設定し、需要の増加に伴い、拡張してより生産性を向上させることもできます。インストールが完了しレンダリング準備が整ったら、Visualize Proがネットワークをスキャンして、接続されているVisualize Boostマシンを検出します。接続できるマシン数に制限はありません。

つまり、Visualize Boostを使用すると短時間でレンダリングが完了するのです。「時は金なり」なことは言うまでもありません。

Visualize Boostは無料で使用できる?これは、すばらしいことです。1シートにつき1シート。サブスクリプション契約継続中のVisualize Proを5ライセンス保有していれば、Visualize Boostの無料シートを5つ使用できます。*

Visualize Boostのシートを追加購入する必要があって、上司を説得できるような材料をお探しではないですか?そんな場合は、SOLIDWORKS Visualize Boostの有効性を示すシートをダウンロードして、お役立て下さい。Visualize Boostを使用すると、レンダリングが高速化されるだけでなく、同じ時間でより多くのコンテンツをレンダリングできるようになります。要するに、上司の前でヒーローになれるわけです。

Visualize Boostのメリットの実例をお見せします。以下の分解図のアニメーション(提供:Myomo)をご覧ください。

私のラップトップでは、これをレンダリングするのに4時間くらいかかるでしょう。しかしVisualize BoostとパワフルなNVIDIAグラフィックス カードを使用すると、レンダリング時間が非常に短くなります。

プロジェクトでVisualize Boostを使用した場合のレンダリング パフォーマンスをイメージできるように、以下にグラフを2つ用意しました。ここでわかるのは、予算のすべてをNVIDIA GPUの購入に費やすと、レンダリング ジョブがあっという間に完了するということです。複数のVisualize Boostマシンで10枚のNVIDIAグラフィック カードを使用した場合、レンダリング速度はどうなるでしょうか。結果は次のとおりです。

1x NVIDIA M4000 = 60分
2x NVIDIA M4000 = 40分
4x NVIDIA M4000 = 20分
2x NVIDIA M6000 = 15分
1x NVIDIA VCA = 5分未満

ここで、複数業務が進行中の場合に、Visualize Boostを使用するメリットをいくつかご紹介します。

  • 複数のジョブをレンダリング キューにスタックアップし、Visualize Boostマシンに送信して、他のタスクの処理のためにローカル マシンをオフロードすることで、製品設計の生産性が直ちに向上します。
  • 猛烈なスピードで設計を反復検証するので、設計サイクルの短縮とコスト削減が実現します。コンテンツ作成のスピードがアップすると、設計プロセスが迅速に進み、反復サイクルが早まります。
  • 市場に参入した競合他社を圧倒し、最終的に収入が増加します。
  • 以前よりも多くのコンテンツを、より短い時間でレンダリングできます。
  • 同じ時間で、静止画像だけでなく、製品アニメーション、カメラ フライ、インタラクティブなWebコンテンツを作成できます。
  • Visualize Boostはハードウェアに依存しないため、既存のCPUまたはGPUを持つレンダリング 用マシンにもインストールできます。GPUはCPUよりも明らかに高速ですが、Visualize Boostはハードウェアの種類に関係なく機能します。
  • 各製品サイクルのROIが劇的に増加します。

プロジェクトでVisualize Boostを使用した場合のレンダリング パフォーマンスをイメージできるように、以下にグラフを2つ用意しました。複数のVisualize Boostマシンで10枚のグラフィックス カードを使用した場合、レンダリング速度はどうなるでしょうか。結果は次のとおりです。

これは最新のNVIDIA Pascalシリーズのカードと比較したグラフです。

これは以前のNVIDIA Maxwellシリーズのカードと比較したグラフです。

 

現状から抜け出し、今日からVisualize Boostを使いましょう!Visualize Boostクラスタを設定するための詳細な情報とステップバイステップ手順については、こちらのVisualizeオンライン ヘルプを参照してください。

@bhillnerでSOLIDWORKS Visualize製品マネージャーのTwitterをフォローすると、製品ニュースや最新情報を確認できます。また、ソーシャル メディアで#swvisualizeや#gettinvizzyを付けて、SOLIDWORKS Visualizeの作品を共有してください。

SOLIDWORKS Visualizeの使用に関するその他のリソース:

SOLIDWORKS Visualizeの無償ライセンスを今すぐダウンロード:製品の市場投入期間を大幅に短縮しましょう。

2つのWebセミナー:SOLIDWORKS Visualizeとそのメリットを確認して、レンダリング作業をまったく新しいレベルにアップさせましょう。

チュートリアルを見る:SOLIDWORKS Visualizeの使い方をすばやくマスターし、写真品質のコンテンツで上司を満足させましょう。

SOLIDWORKS Visualize Professionalにアップグレード:より高度な3Dビジュアリゼーション エクスペリエンスを実現しましょう。今すぐ販売代理店にお問い合わせください。

*Visualize Professionalのサブスクリプションを解除すると、Visualize Boostの無料ライセンスは削除されます。

 

 

大澤 美保

大澤 美保

ソリッドワークス・ジャパン株式会社 マーケティング部 ユーザーエクスペリエンス シニアマネジャー