SOLIDWORKSがコンシューマー製品設計のギャップを埋める

コンシューマー製品開発者は、概念設計から詳細設計、製造へと移行する際に、ツールの違いが原因で問題に直面することがよくあります。SOLIDWORKSソリューションは、強力な概念スケッチ ツール、堅牢で使いやすいサーフェス作成機能、概念設計から詳細設計への簡単な移行、業界トップの機械工学環境を、すべて1つのソフトウェア ベンダー ソリューションにまとめて提供することで、工業設計とエンジニアリング間のギャップを埋めます。

このホワイト ペーパーをダウンロードして、SOLIDWORKSソフトウェアが、概念設計から製品化に至るモデルの完成プロセス&ソーシャル環境を実現する仕組みをご確認ください。

このホワイト ペーパーでは、以下についてご説明しています。

  • 最良の製品を作成するには、複数の概念設計を迅速に開発し、設計の関係者から短期間でフィードバックを得ることが重要です。SOLIDWORKS Industrial Designerは、SOLIDWORKSポートフォリオに新しい独自の概念設計機能を加えるもので、特に工業デザイナー向けツールです。
  • SOLIDWORKS Industrial Designerで概念設計モデルを開始し、詳細設計プロセスはSOLIDWORKS Premiumへと移行します。または、コンセプトスケッチ、画像、一連の設計要件から設計を開始することもできます。SOLIDWORKSでは、ユーザー ガイダンスやサポートを提供する使いやすいツールを必要に応じて使用できることで、詳細設計を簡素化します。
  • 概念設計で使用したものと同じユーザー インターフェイス、ジオメトリ ファイル形式を使用して、精密な部品定義を作成するために必要なあらゆるツールを提供しているのが、SOLIDWORKSソリューションです。製造と継続的な部品メンテナンスの観点では、表形式で値を入力するだけで設計を変更できます。
  • 3D SOLIDWORKSアセンブリ モデルを使用して、製造レベルの3次元モデルベース定義(MBD)または2次元図面を素早く作成することで、購買プロセスにかかる時間を短縮してエラーを回避できます。SOLIDWORKSを使用すると、プロセスのどの時点で変更を行っても、部品、アセンブリ、図面を含む製品に関するすべてのドキュメンテーションが自動的に反映されるため、手痛いミスの発生を回避できます。
  • 製品を説明してビジネスを成功に導けるように、設計プロセスのあらゆる段階で営業に利用できる製品イメージを作成できることが重要です。SOLIDWORKSは、コンシューマー製品設計ワークフローの初めから完了まで、いつでも製品イメージを作成できるレンダリング ソリューションを提供します。

設計から製造に至るまで、チームがクリエイティブなアウトプットを増やす仕組みに関する詳細については、ホワイト ペーパー「SOLIDWORKSでドローン設計」(登録が必要です)をご覧ください。

 

 

大澤 美保

大澤 美保

ソリッドワークス・ジャパン株式会社 マーケティング部 ユーザーエクスペリエンス シニアマネジャー