会話は大切 – コラボレーションはもっと大切

お客様やサプライ チェーンとの「会話とその方法」が製品に大きな影響を与えます。Hugh MacLeod氏はかつて「すべての製品は会話から生まれる」と言ったことがありますが、SOLIDWORKSもそれを心から信じています。製品設計の向上と迅速化を支援する新しいテクノロジを開発する際、私たちは、優れた製品を開発するために皆様と対話すること、そして皆様のお客様との会話を可能にし、強化するツールを開発することを常に念頭に置いています。

SOLIDWORKSでは、3Dエクスペリエンス・プラットフォームを利用して、皆様がこの重要な会話を促進し、皆様のお客様を引き付けられるようにサポートします。新しいSOLIDWORKS設計ソリューションは、コラボレーションを基本的価値に据えて一から構築されているため、すべての設計ツールにおいて、最初からジオメトリ作成と設計コラボレーション機能が結合されています。

3Dエクスペリエンス・プラットフォームの一部であるオンラインの「ソーシャル デザイン コミュニティ」は、お客様が関わるすべての「製品関連の会話」に関する理想的なネットワーキングです。コミュニティはオンライン サービスですから、製品関連の会話には社外の人も参加できます。会話に参加したい人は、いつでも世界中のどこからでも、Webブラウザを通じて貴重なフィードバックを提供できます。社外にいるプロジェクト関係者とは、モバイル デバイスを使用して製品関連の会話を継続できます。これが、迅速な製品開発、ひいては設計サイクル全体の大幅な削減に極めて重要になります。

ほとんどの設計者は、同時に複数の設計プロジェクトに携わっているため、複数の「製品関連の会話」を管理する必要があります。その会話は、以下のように個別の会話として管理できます。ここでは、各メンバーがコミュニティの最新の更新情報を確認できますが、複雑な製品開発プロセスがやや単純化されて表示されます。

 

関与している全製品の最新の会話を詳しく確認したい場合は、3DDashboardを使用します。3DDashboardには、全製品の進捗状況や更新情報の概要と、ディスカッション スレッド(ブログ)、ビデオ、画像、および3次元設計データからの設計情報が表示されます。以下は一般的な3DDashboardです。ページ上部にはユーザーが設定した複数のタブがあり、新しい設計の進捗状況だけでなく会社の業績全般を確認できます。

このような製品関連の会話が重要な理由は、その会話が「生きた記録」になる点です。プロジェクトのコミュニティは製品が存続する限り存在し、製品の開発、使用状況、生産終了を追跡できます。このようなディスカッションへの参加者は時間とともに変化し、必要に応じて増加/減少するかもしれません。製品が成熟してくると、調達や製造のほか、製品の発売やマーケティングに関する新しい会話がスタートするとも考えられます。3Dエクスペリエンス・プラットフォームは、すべての関係者の製品開発プロセスを支援します。チーム メンバー全員が、最新情報にアクセスして過去にどのような決断が下されたかを確認できます。製品や市場に関するあらゆる仮説も記録されるため、製品が開発され新しい情報が収集されるにつれ、過去の仮設に基づいて決断された事項を再閲覧し、その当時の思考過程を把握することが容易になります。

設計について語ることが製品設計における重要な第一歩になると同時に、SOLIDWORKS 3Dエクスペリエンス設計ソリューションで製品に関する生きた会話を実現することが、コラボレーションによる革新的な製品設計という文化を育み、皆様のお客様を喜ばせるすばらしい製品を提供する最善の手段となります。

SOLIDWORKS Industrial Designerの機能については、ホワイト ペーパー「SOLIDWORKS Industrial Designer 粘土を使っているような直感性と共有力!」を参照してください。

大澤 美保

大澤 美保

ソリッドワークス・ジャパン株式会社 マーケティング部 ユーザーエクスペリエンス シニアマネジャー